スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お店“さねんばな”の案内
s-DSCN0133.jpg
約4坪の小さなお店です
show_map.png
赤い○印が目安です
satake.jpg
店主の微笑み・佐竹です

店名    紬と泥染・手づくりブティック さねんばな
創業    1997年2月
店主    佐竹京子
コンセプト 奄美大島の特産品である地球印の本場奄美大島紬は、泥染め糸や藍染め糸によって織り上げられた高級織物ですが、当店では、紬の泥染めの方法をTシャツや布に再現して手づくりの洋服やバッグ、小物などをつくっています。 
また、藍染の歴史は古代エジプトまで遡ると言われていますが、奄美では大島紬の泥藍にも使用されていますが、かつての島の女性たちは、家族の衣類を自家製の藍の生葉で染めていました。
当店の藍染は、島の女性たちのかつての営みを引き継ぐ思いで、染めています。
       家族そろって!ぜったい幸感 藍魂2008
は、当店の創業12年記念事業の一環として取り組んでみました。
当店の泥染めと藍染めは、奄美の豊かな自然の恵みをそのままお届けできるよう、1枚1枚を大切に仕上げております。
また、冬季は大島紬によるベスト、ジャケットなどを製作しております。
どうぞ、お気軽にご来店くださいますよう、おまちしております。

アクセス  奄美空港より市内行きバス終点。ホテルウエストコート奄美のすぐ前(約50分) 
       名瀬新港より徒歩10分

染め工房 藍染めは、龍郷町戸口の金井工芸さんの工房をお借りしています。
       金井工芸さんの藍は四国のすくも藍を使用されています。
       泥染めは、かなりハードな労働になりますので、主に名瀬伊津部勝、泥染公園の野崎染色さんにお願いしています。
                                           以上
スポンサーサイト

テーマ:奄美大島 - ジャンル:地域情報

【2008/05/25 10:58】 | お店の案内 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ようこそ!新しいブログです! | ホーム | 本日の作品>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/03 18:24】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sanenbana.blog32.fc2.com/tb.php/1-5d0c2885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。