スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゆったり四国満喫紀行・金毘羅さん
姫路城からバスに乗って兵庫県~岡山県に入りいよいよ瀬戸大橋を渡って、四国に入ります。
TS2A0132.jpg

瀬戸大橋は9.4kmもあるそうで、バスのガイドさんがいろいろ説明をしてくれますが、左の耳から右の耳へ抜けていくばかりで、記憶に残す気になれません。
知識ならあとで調べればいいんだし、疾走する海上の道を、車窓に流れる海の景色の移ろいを何の責任も感じないで見てるいることの開放感こそ、旅の醍醐味です。
TS2A0127.jpg

大橋の途中にある与島というところで遅い昼食を食べ、それから130mぐらいあるタワーにエレベーターで昇って大橋を観覧したのが上の写真です。

さて金毘羅さんに着いたのは、午後4時ごろ。
それからホテルに荷物を置いてさ~出発です。
いきはよいよいですね!
本宮があるところまで、785段ぐらいとか。のぼれるかな~
TS2A0133.jpg

金毘羅さんといっても私にはあまりピンとこないところですが、日本史が始まって以来ぐらい古い信仰の本拠地ですから、やはり敬意を表して見物させていただきましょう。
TS2A0134.jpg
最初の山門をくぐると、目の前にどこまでもつづく階段です。
TS2A0135.jpg
早くもカゴに乗ってる人がいる。

TS2A0136.jpg
これは本宮?まだまだよ~
TS2A0137.jpg
あと何段かな~ みんなひたすら登っていきます。
TS2A0138.jpg
このおじさんは、よそのガイドさん。
私たち3人はいつのまにかみんなに置いていかれ、このおじさんのガイドについていくことにしました。
航海の神様、商売の神様、医薬の神様など、厚い信仰に支えられてきたことが分かっただけで、よしとしましょう。
TS2A0139.jpg
やっと本宮につきました。
姫路城もそうですが、この重厚な建造物にはただただ参りますね。
TS2A0144.jpg


TS2A0143.jpg

ほっとして、汗をぬぐい空に目をやると、はるか向こうに美しい形の讃岐富士がみえました。
上の案内図とそっくりです。
行きはよいよい帰りはこわいで、ことひら温泉・ホテル琴参閣(ことさんかく)に着いたときは、みんなお風呂に入って浴衣に着替え、お座敷のお膳の前で私たちを待っていました~



TS2A0142.jpg




スポンサーサイト
【2008/10/06 19:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。